F1に関する最新情報から解説までを発信しているブログです!

F1情報ブログ【アイスコラム】

F1の素晴らしさをもっと身近に広めたい!

F1の素晴らしさをもっと広めるための
活動を計画しています!
興味がある方は是非支援して頂けると幸いです。
みんなでF1を盛り上げていきましょう!
詳細は↓↓
https://camp-fire.jp/projects/view/228291

チェックしてみてね!

F1

F1 2018 第5戦スペインGP ピレリが講じた対策案がレースを単調化させた!

更新日:

F1ファンの皆さん、こんにちは。

今回は、2018シーズン第5戦スペインGPのタイヤについてお話ししたいと思います!

プレシーズンテストの結果を見て変更を施したピレリ!

今年も、スペインGPは、プレシーズンテストでも使用されたカタロニアサーキットで

行われました!

このスペインGPを迎えるにあたって、プレシーズンテストの結果から

通常のタイヤだと、オーバーヒートを起こし、ブリスターが多発するのではないかと

予想され、タイヤが持たず、レースが出来る様な状態では無くなってしまうと言う懸念から

コンパウンドはそのままに、トレッドの厚さを薄くすると言う変更を施しました!

トレッドとは、タイヤ表面のゴムのことで、これをすり減らしながら走行しています!

この厚みを0.4mm薄くすることで、オーバーヒートを抑えることを狙ったのです!

コース全面舗装が招いた問題!解決策としては完璧だったが…

コース全面が再舗装され、初めて迎えたスペインカタロニアサーキットでしたが

この再舗装が、他のサーキットと大きく異なる路面状況になり、路面自体はスムーズになって

走りやすくはなったものの、舗装したての頃は、路面の表面に油が浮いていてそれが抜けきるまでは

非常に滑りやすい状態になってしまいます!

元々はサーキット舗装なのでグリップが得られるような舗装なのですが、コースにラバーがしっかりと

乗るまでは、多少滑りやすい状態が残ってしまうのです!

この多少滑りやすい状態が、タイヤとの不必要な摩擦を引き起こし、タイヤがオーバーヒートを

起こしやすくなる原因となってしまうのです!

そこで、オーバーヒート対策として、今回ピレリタイヤはトレッドを薄くしたカスタマイズタイヤを

レースを安全に行う為の解決策として、導入したのです!

その結果、オーバーヒートしてブリスターを起こすマシンはなく、安全にレースが行われました!

解決策が完璧すぎて、戦略が単調に…

今回のピレリの解決策は、完璧でオーバーヒートやブリスターを起こすドライバーは

居なく、非常にスムーズなレース展開を演出することに成功しました!

しかし、逆にあまりにもスムーズ過ぎて、単調なレース展開となってしまったのです!

そもそも、カタロニアサーキットはデグラデーションが非常に小さく、簡単に言うと

タイヤが減りにくく、タイヤが減ってきてもパフォーマンスにあまり影響が出ないサーキット

なのです!

この解決策が考えられる前は、タイヤ交換する理由としてオーバーヒートを起こし

ブリスターが発生してしまったら、タイヤを交換するしかないため、非常に多くのピット回数が

見込まれ波乱のレース展開を演出するのではないかと思われていました!

しかし、この解決策がオーバーヒートを防いでしまった為に、ほとんどのドライバーが

1ストップ作戦の一択になってしまい、単調なレース展開になってしまったのです!

もちろん、安全は第一で最優先事項ですが、戦略が単調になってしまうのは

レース展開も単調になってしまうので、もっとエキサイティングなレースにするためにも

もう少し、デグラデーションが大きいタイヤの方が面白いレースになると思いますけどね!

さて今回は、ここまで

Twitterもやってますので、気になった方はフォローよろしくお願いいたします!

また、youtubeでF1の動画や情報を発信してますので、良かったら見てみてください!

また、F1関連のネットショップも開業しました!

まだまだ、品数は少ないですが少しずつ増やしていきたいと思いますので

興味がある方は是非立ち寄ってみてください!

F1スポンサーのモンスターエナジー海外版も私のネットショップで

販売しております!

是非、観戦のお供に手に入れてみてはいかがでしょうか?

 

楽天Car車検
  • Google+
  • -F1

Copyright© F1情報ブログ【アイスコラム】 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。