F1に関する最新情報から解説までを発信しているブログです!

F1情報ブログ【アイスコラム】

F1の素晴らしさをもっと身近に広めたい!

F1の素晴らしさをもっと広めるための
活動を計画しています!
興味がある方は是非支援して頂けると幸いです。
みんなでF1を盛り上げていきましょう!
詳細は↓↓
https://camp-fire.jp/projects/view/228291

チェックしてみてね!

F1

F1 決勝のながれ!

更新日:

F1ファンの皆さん、こんにちは。
今回は、F1の決勝についてお話していきたいと思います。
決勝は基本的には305㎞を超える最低周回数で行われる。
各サーキット305㎞超えるような周回数に設定されている。
誰よりも速く305㎞走破したものが優勝という至って
シンプルなルールです!!
ただし、その中にあるルールがあります。
そのルールをピックアップして決勝についてお話ししたいと
思います。
そのルールとはタイヤの使用種類の制限です。
現在のF1に供給しているタイヤはPirelli(ピレリ)タイヤのワンメイクです。
そのピレリタイヤには5種類のコンパウンド(ゴムの種類)があります。
(今期からもう2種類増えますが)
ウルトラソフト、スーパーソフト、ソフト、ミディアム、ハードと
左から柔らかいタイヤでクリップ力が高い順。
右から固いタイヤでタイヤのライフが高い順。
この5種類から各サーキット毎に適切な3種類が選択され
レースに持ち込まれます。
その3種類中から2種類を最低1回ずつ使用しなければならないと
いうルールがあります。
現代のF1はピットする際、給油することは無くなったので
基本的にはタイヤ交換のみとなります。
このタイヤ交換がキーポイントで2種類使用しなければ
ならないため必ず1回はピットストップしなければなりません。
また、コンパウンドによってタイヤのグリップ力とタイヤライフは
大きく違うので、グリップ力が高いタイヤでタイムを稼ぐ!!
その代わり、タイヤ交換の回数が増えるというリスクを負う。
または、ライフが高いタイヤでピットストップ回数を最小限に抑える。
その代わり、グリップ力が低くタイムを落とさないように
走らなければならないリスクを負う。
F1ドライバーによって好みがあったりもします。
F1の決勝ではタイヤ選択が大きなポイントになりますので
その点に注目してF1を観戦するのがポイントです。
さて今回はここまで次回は、タイヤ交換についてお話ししたいと思います。
今回の話を聞いてタイヤ交換すること自体ロスではないか?
それなら、タイヤ交換なんて最小限のほうが良いと思った方も
いらっしゃるのではないかなと思います。
その理由を次回お話ししたいと思います。

Twitterもやってますので、気になった方はフォローよろしくお願いいたします!

また、youtubeでF1の動画や情報を発信してますので、良かったら見てみてください!

楽天Car車検
  • Google+
  • -F1

Copyright© F1情報ブログ【アイスコラム】 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。