F1に関する最新情報から解説までを発信しているブログです!

F1情報ブログ【アイスコラム】

F1の素晴らしさをもっと身近に広めたい!

F1の素晴らしさをもっと広めるための
活動を計画しています!
興味がある方は是非支援して頂けると幸いです。
みんなでF1を盛り上げていきましょう!
詳細は↓↓
https://camp-fire.jp/projects/view/228291

チェックしてみてね!

F1

F1トロロッソはホンダ最優先の開発へ

更新日:

F1ファンの皆さん、こんにちは。

今回は、トロロッソのホンダの受け入れ体制についてお話ししたいと思います。

トロロッソ ホンダ最優先の受け入れ体制!

トロロッソは今シーズンからホンダPUを搭載して参戦することになり

事実上、ワークス体制になったトロロッソですが、とはいえ

他社との提携と言う形なので、全てが思い通りに進めていくことは

非常に困難なことです!

お互いに協力していくという姿勢が大切で、コミュニケーションをしっかりとって

開発を進めていくことが必要になります!

これは、一般の企業と同じですよね!取引先の企業等とうまくいっている企業は

良い成績を残していると思います!

そこで、トロロッソは3年間大批判の中で、もがき苦しんだホンダを受け入れるにあたって

【自由にPUを開発していいよ】と自由を与えてくれたのです!

前回の記事で少しお話ししましたが、PUの開発はマシン設計と一対になっている物で

PUのサイズや形状によって、PUを搭載する為のマシン設計をしなければならなく

マシン設計に制限を与えてしまうのです!その逆もしかりですが!

ホンダに自由を与え、そのPUに合わせてマシンを設計するという

完全にホンダ最優先のマシン開発体制でオフシーズンの開発を進めていたそうです!

それだけホンダの潜在能力の高さを信じてくれているのはうれしいことですね!

この体制はホンダにとってもチャレンジではありますが、ここまでしてくれた

トロロッソの期待に応えようと士気も高まり、ホンダ本来の力を発揮できるであろうと

そういった狙いがトロロッソにはあるのだと思います!

良いチームと手を組んだね!ホンダは!

トロロッソはホンダに対してプレッシャーをかけたくなかった!?

トロロッソはこのホンダ受け入れ体制に対して、ホンダにあれこれ厳しい要求をし

必要以上にプレッシャーをかけたくはなかったと語っています!

その為にホンダに自由を与え伸び伸びと開発を進めていく方針を決めました!

これは、ホンダがマクラーレンと手を組んでいた頃の状況を見て

決めた方針だと思います!

昨シーズンまでの3シーズン全くと言ってもいいほど結果が出なかった

マクラーレンホンダは、結局のところプレッシャーに押しつぶされて

結果が出なかったと言っていいと思います!

マクラーレンホンダというブランドが世間を賑わせ、大いなる期待、注目が

集まっての提携となっていました!

最初のシーズンは結果が出なくても1年目と言うことで許されてはいましたが

2年目以降、あまり成長が見られなく非常に多くの批判を浴びていました!

新たなプロジェクトとしてマクラーレンとホンダが手を組み新たな船出として

結果を残すのにある程度の期間が必要という認識はあったものの

あくまでマクラーレンは常勝チームでありすぐに結果を残したい!という

思いが強すぎて、ホンダに対して早急に対応するようにと迫っていたのです!

このマクラーレンのホンダへのプレッシャーは時間が経過するにつれ

大きくなっていきました!

もちろん、ホンダも早く結果が欲しかったのですが、

あまりにもマクラーレンの今すぐ結果が欲しいという思いから

ホンダに要求する内容が膨れ上がりホンダはこれを対応しきれなかったのです!

物事は何でも一つ一つ解決していかなければなりません!

複数の物事を同時に解決するのは容易でありません!

結局、ホンダはプレッシャーに押しつぶされ多くの問題を解決しきることが

出来ずにマクラーレンと決別することになってしまいました!

最後は、批判の対象がホンダのみでメディアももちろんのこと

マクラーレンにも全て悪いのは”ホンダ”だと言われていました!

マクラーレンホンダの不振は本当にホンダだけのせい!?

マクラーレンホンダの不振は本当にホンダだけのせいだったのでしょうか?

マクラーレンに受け入れ体制も少なからず影響があったとは思います!

本当にホンダが全て悪かったのか…

それは今シーズンを見てみれば明らかになることだと思います!

マクラーレンも頑張って欲しいとは思いますが

ホンダよ!見返してやれ!決別したことを後悔するほどの結果を残してやれ!

【The Power of Dreams】それがHONDAだろ!!!

さて、今回はここまで!

Twitterもやってますので、気になった方はフォローよろしくお願いいたします!

また、youtubeでF1の動画や情報を発信してますので、良かったら見てみてください!

また、F1関連のネットショップも開業しました!

まだまだ、品数は少ないですが少しずつ増やしていきたいと思いますので

興味がある方は是非立ち寄ってみてください!

F1スポンサーのモンスターエナジー海外版も私のネットショップで

販売しております!

是非、観戦のお供に手に入れてみてはいかがでしょうか?

 

 

 

 

楽天Car車検
  • Google+
  • -F1

Copyright© F1情報ブログ【アイスコラム】 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。