F1に関する最新情報から解説までを発信しているブログです!

F1情報ブログ【アイスコラム】

F1の素晴らしさをもっと身近に広めたい!

F1の素晴らしさをもっと広めるための
活動を計画しています!
興味がある方は是非支援して頂けると幸いです。
みんなでF1を盛り上げていきましょう!
詳細は↓↓
https://camp-fire.jp/projects/view/228291

チェックしてみてね!

F1

F1 2018年開幕戦 大逆転劇はソフトウェアの不具合!? 

更新日:

F1ファンの皆さん、こんにちは。

今回は、開幕戦オーストラリアGPで起こった大逆転についてお話ししたいと思います。

天から勝利が舞い降りてきたのは確か!ルイスを襲った不具合!

F12018年開幕戦オーストラリアGPはVSC(バーチャルセーフティーカー)の導入により

ベッテルの大逆転劇で幕を閉じました!

VSC中にベッテルがタイヤ交換を行い、コース上に戻ってきたらTOPに立っていた

世界中が【え!?なんで!?】と疑問に包まれたと思います!

では、なぜ、ベッテルはTOPに立つことが出来たのか?

それは、ルイスのマシンのソフトウェアに不具合が起こってしまっていた為に

大逆転劇が起こったのです!

VSCのデルタ表示に不具合!ソフトウェアがバグを起こしていた!

VSC(バーチャルセーフティーカー)は、コース上に危険が存在する場合で

実際にSC(セーフティーカー)を導入するまでのことではない場合に導入されます!

VSC導入中は、200m毎に設定されている区間をレギュレーションで規定されたタイムを記録しながら

走行しなければなりません!

つまり、200m毎にFIAにタイムを計測されていて、規定されたタイム以上のタイムで速度を落として

走行しなければならないと言うことです!

また、各マシンのデルタ(差)を維持しなければならないのです!

レギュレーションで規定されたタイムで走行しなければならないのですが

あまりにも、速度を落とし過ぎて後ろとのギャップを失ってしまっては、ただ損をしてしまうだけなのです!

ですので、規定されたタイムに限りなく近いタイムで後ろとのデルタを維持する必要があります!

VSC中とは言え、ロスはしたくはないので規定されたタイム内の限界まで攻める必要があるのです!

もちろん、それはドライバーの感覚では維持できないので、コックピットのダッシュ上(ハンドルについている液晶画面)に

規定されたタイムとデルタが常時表示されていて、その画面の情報を見ながらデルタを維持しながら攻めて

VSC Ending(バーチャルセーフティーカー終了)を待つことになります!

そこで起きた不具合というのは、ルイスのダッシュ上のタイム、デルタの表示にバグがあったと言うことです!

間違ったタイム、デルタを表示していた為、それに従っていただけのルイスが今まで築き上げたギャップを

全て失ってしまった!ダッシュ上には、ベッテルに対して十分なギャップを築いている表示がされていたのに

ベッテルに逆転されてしまったのです!

ベッテルにTOPの座が奪われたときにルイスが「僕は何か失敗を犯したのか?」と

チームに聞いていました!それが証拠です!

ルイスがダッシュ上の表示に従っていたのに、それが2位転落の原因になってしまうなんて

非常に残念なことです!

ドライバーの責任ではないところで良い結果を失ってしまうことが

多発した開幕戦オーストラリアGP!

今後はそのようなことが無いように早急に改善していって欲しいですね!

さて今回は、ここまで

Twitterもやってますので、気になった方はフォローよろしくお願いいたします!

また、youtubeでF1の動画や情報を発信してますので、良かったら見てみてください!

また、F1関連のネットショップも開業しました!

まだまだ、品数は少ないですが少しずつ増やしていきたいと思いますので

興味がある方は是非立ち寄ってみてください!

F1スポンサーのモンスターエナジー海外版も私のネットショップで

販売しております!

是非、観戦のお供に手に入れてみてはいかがでしょうか?

 

 

楽天Car車検
  • Google+
  • -F1

Copyright© F1情報ブログ【アイスコラム】 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。