F1に関する最新情報から解説までを発信しているブログです!

F1情報ブログ【アイスコラム】

F1の素晴らしさをもっと身近に広めたい!

F1の素晴らしさをもっと広めるための
活動を計画しています!
興味がある方は是非支援して頂けると幸いです。
みんなでF1を盛り上げていきましょう!
詳細は↓↓
https://camp-fire.jp/projects/view/228291

チェックしてみてね!

F1

F1 2018年開幕戦 まさかの大逆転!!でもなぜ!?

更新日:

F1ファンの皆さん、こんにちは。

今回は開幕戦オーストラリアGP決勝についてお話ししたいと思います。

晴天に恵まれた決勝!

TOP3の順番はそのまま、何も起こらずに終えそうなレース展開だったのに!?

スターティンググリッドはルイスハミルトン、キミライコネン、セバスチャンベッテルにTOP3で

スタートし、スタートでは順位は入れ替わることなく、順調に各車スタートを切りました!

圧倒的な速さを見せた予選のルイスだったが……

予選では圧倒的な速さで他を圧倒し、決勝でも逃げ切り体制に持っていってしまう

そんなレース展開が予想されましたが、フェラーリ勢のロングランのペースは非常に良くて

ルイスは、2位のキミをなかなか引き離せずに苦しんでいました!

キミは、ルイスをコース上でオーバーテイクを仕掛けてくるほどの脅威まではなかったものの

2~3秒ほどのギャップを保ちながら、アンダーカットを仕掛けることが出来るギャップを保ちつつ

ピットウィンドウ(戦略的にタイヤ交換が可能になるタイミング)に入るまで

ルイスにプレッシャーを与え続ける良い走りをしていました!

戦略を分けたフェラーリ!

キミは、ルイスに対してアンダーカットが可能なギャップを維持できていたので

特にギャンブルすることはなく、通常のタイミング(他車と同じ戦略)でタイヤ交換をする戦略を

選択し、ルイスに勝負を挑む形をとっていました!

一方、ベッテルはキミの後方2~3秒ほどのギャップを保ってはいたものの、ルイスには到底届かない

ギャップだった。また、ベッテルは後方との差が十分にあった為に何か失敗しても

3位のポジションは堅い位置にいました!

その為、キミとは戦略を分けて第1スティントを引っ張り、その間にセーフティーカーなどが

導入され、あわよくば自分が得を得るパターンが起こればいいなと

今できる、最善の策を講じたのです!

他力本願の戦略が功を奏したまさかの展開!

キミは18周目にアンダーカットを狙ってピットイン!

ルイスもそれをカバーする為にピットインせざるを得ない状況になりピットイン!

ルイスがアンダーカットに対して対応したために、2人の順位は入れ替わることなく

コースに復帰し、あとはコース上での勝負という形になりました!

非常に抜きにくいサーキットであるアルバートパークサーキット!

もう順位は据え置きのままレースが終わるのかなと思われたその時

ハースのグロージャンがピット作業のホイールナットが閉まっていないというミスで

コース脇にマシンを停めました!

このマシンの撤去作業の為にVSC(バーチャルセーフティーカー)が導入!

その時にベッテルはピットに向かいタイヤ交換したのです!

そして、コース復帰した時、驚きの光景が目に入ってきたのです!

トップ走行中のルイスの前にベッテルが躍り出たのです!

【え!?なんで!?】世界中が疑問に包まれたと思います!

ルイスに届きもしないところを走行していたベッテルがVSC導入で

天から勝利が降ってきたのです!なんと運がいいこと!

結局そのまま、順位は入れ替わることなく

ベッテル、ルイス、キミの順位で開幕戦はすっきりしないかたちで

幕を閉じました!

ただ運が良いというだけでは済ませてはいけない!

多くの疑問が残った開幕戦オーストラリアGP

ベッテルの運が良かったのは確かですが、この勝利には

少なからず過程があります!

起こるべくして起こったことではないですが、

メルセデスにプレッシャーを与え続けたその過程に大きな意味があるのです!

さて今回は、ここまで

次回は、なぜこの大逆転が起きたのか、その過程も含めてお話ししたいと思います。

Twitterもやってますので、気になった方はフォローよろしくお願いいたします!

また、youtubeでF1の動画や情報を発信してますので、良かったら見てみてください!

また、F1関連のネットショップも開業しました!

まだまだ、品数は少ないですが少しずつ増やしていきたいと思いますので

興味がある方は是非立ち寄ってみてください!

F1スポンサーのモンスターエナジー海外版も私のネットショップで

販売しております!

是非、観戦のお供に手に入れてみてはいかがでしょうか?

 

楽天Car車検

Copyright© F1情報ブログ【アイスコラム】 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。