F1に関する最新情報から解説までを発信しているブログです!

F1情報ブログ【アイスコラム】

F1の素晴らしさをもっと身近に広めたい!

F1の素晴らしさをもっと広めるための
活動を計画しています!
興味がある方は是非支援して頂けると幸いです。
みんなでF1を盛り上げていきましょう!
詳細は↓↓
https://camp-fire.jp/projects/view/228291

チェックしてみてね!

F1

F1 予選時オイルの継ぎ足しが全面的に禁止へ!

更新日:

F1ファンの皆さん、こんにちは。

今回は、オイルの不正燃焼規制についてお話ししたいと思います!

予選時にオイルを継ぎ足しが禁止される!

最近何かと話題の予選時のオイル不正燃焼問題!

この問題に終止符を打つべく、FIAが予選時にオイルを継ぎ足すことを全面的に禁止することに

正式に決定しました!

理由は、オイル(潤滑油)がエネルギーに変換されている疑惑があるため!

予選時、特にQ3のようなポールポジションを決める戦い時には、大幅な性能アップが求められていて

マシンの持っているパフォーマンスを最大限引き出す必要があります!

考え方を少し変えれば、その性能アップは一時的なものでも構わないから、ありとあらゆる方法を

駆使して、パフォーマンスを向上させたいという考えにたどり着くのです!

その考えがたどり着いた先が、オイルの不正燃焼と言われています!

基本的には、燃料つまりガソリンがエネルギーの元であり、オイルはエンジンを回転させるにあたっての

潤滑油の役割を担っています!決して、エネルギーを生むものではありません!

しかし、限界を突破させてでも性能アップさせたいと考えた場合、オイルさえも燃料をさせて

エネルギーとし、パワーアップさせる!それが現に技術的には可能でありそれを抑制する

レギュレーションが明白ではなかった為に、今回、オイルの継ぎ足しが禁止となりました!

オイル燃焼はリスクを負っての性能アップ!

オイルを燃焼させるのは、技術的には可能なのですが、エンジンにはオイルが潤滑油としての

役割をしっかりと担ってくれないとエンジンを傷つけることになり、最悪の場合

エンジンが壊れてしまう可能性があります!

その為、この技術は使用したとしても予選時にしか出来ない芸当であり、長い距離を走行する

決勝では、エンジンが壊れてしまいます!

しかし、短い距離で、オイルを余分に補充したとしてもオイルを燃焼させると当たり前ですが

オイルが減ってしまい、エンジンに負荷を与えてしまう可能性があるため、

リスクを負っての性能アップなのです!

ものそれぞれ本来の目的で使用されるべき!

今回のレギュレーションは、それぞれ多種多様なアイテムがありますが

そのアイテム本来の目的で使用されるべきだとして、オイルの不正燃焼が禁止されました!

そのオイルの不正燃焼を厳しく取り締まり抑制する為に、今回、予選時のオイルの継ぎ足しが

禁止される形になりました!

FIAはオイルの不正燃焼を禁止する為、オイルの使用量を予選後に検査し、監視するため

その使用量を明白にする為に、継ぎ足しを禁止する流れとなりました!

メインタンクはもちろんのこと、サブタンクも禁止となっています!

また、オイル漏れのトラブル時等、やむ負えない場合を除いては、サブタンクからメインタンクへの

オイルの移動も禁止することになっていて、かなり厳しく取り締まる体制になっています!

オイルをも燃焼させて記録したタイムが本来のタイムなのかと言われれば疑問に思ってしまう

ところもあるので、このレギュレーションは良いことなのではないかなと思います!

ただ、ありとあらゆる技術を利用して、タイムアップを図るその執念はF1に技術らしいなと

思いましたね!改めて、F1の技術って凄いなって!

さて今回は、ここまで

Twitterもやってますので、気になった方はフォローよろしくお願いいたします!

また、youtubeでF1の動画や情報を発信してますので、良かったら見てみてください!

また、F1関連のネットショップも開業しました!

まだまだ、品数は少ないですが少しずつ増やしていきたいと思いますので

興味がある方は是非立ち寄ってみてください!

F1スポンサーのモンスターエナジー海外版も私のネットショップで

販売しております!

是非、観戦のお供に手に入れてみてはいかがでしょうか?

楽天Car車検
  • Google+
  • -F1

Copyright© F1情報ブログ【アイスコラム】 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。