F1に関する最新情報から解説までを発信しているブログです!

F1情報ブログ【アイスコラム】

F1の素晴らしさをもっと身近に広めたい!

F1の素晴らしさをもっと広めるための
活動を計画しています!
興味がある方は是非支援して頂けると幸いです。
みんなでF1を盛り上げていきましょう!
詳細は↓↓
https://camp-fire.jp/projects/view/228291

チェックしてみてね!

F1

F12018シーズン第4戦アゼルバイジャンGP レッドブルの同士討ちはどっちもどっち? 

更新日:

F1ファンの皆さん、こんにちは。

今回は、2018シーズン第4戦アゼルバイジャンGP決勝で起きた

レッドブルの同士討ちについてお話ししたいと思います!

終始バトルしていたレッドブルのふたり!

予選をリカルドが4位、マックスが5位で終えたレッドブル勢は、スタートではアクシデントを

起こすことなく、2周目を迎えていました!

スタート後にリカルドの前に躍り出たマックスでしたが、バッテリーへの回生が十分に出来ていない

状態に陥り、ペースが非常に悪い状態でした。

これは、PUのトラブルではなくレース序盤に回生したエネルギーの使い過ぎの為に

バッテリーに蓄積したエネルギーが無くなってしまっていて、デプロイメントが

早い段階で切れていてしまっていた為、ペースが上がらなかったのです!

ペースが悪いのはリカルドも同じで、スタート位置も近かった二人は、ペースもほぼ一緒で

終始同じところを走行していました!

チームメイトとはいえ、敵は敵、今後のタイトル争い、チーム内の序列を占う上でも

負けられない相手です!

バトルは必須な状況でした!チームとしては、リスクを負うことになりますが

ふたりのドライバーの為にも自由に戦わせることを許可していました!

マックスは意地でもブロック!リカルドは厳しくいく!

何度も前を伺うリカルドは、トウ(スリップストリーム)をうまく使いマックスのインに

飛び込む!それに対して、マックスがカウンターを打つ、そんなサイドバイサイドの

戦いが終始、続いていました!

軽くお互いのホイールが接触するような熱いバトルを繰り広げていた両者でしたが

ブロックをする際、一車身の幅は空けているものの、相手をウォールに追いやる動きは

チームメイトに対してやるには少し厳しすぎる様にさえ見えました!

二人とも意地と意地の張り合い!熱くなっているんだなと思いました!

起きてしまった最悪の結果!

熱く激しいバトルを繰り広げていたレッドブルの二人ですが、最悪の事態が

1コーナーで起きてしまったのです!

マックスのスリップに入ったリカルドは、マックスのインに飛び込もうとしましたが

マックスがイン側をブロックし、扉を閉めてしまった結果、リカルドは逃げ場を失い

マックスに追突する形となり、両者はリタイヤする最悪の結果となってしまったのです!

原因はマックスが2度動いたこと?でも、どっちもどっち!?

リカルドがスリップに入った際に、マックスは早めにイン側をブロックするラインどりを

していました!その為、リカルドはアウトにマシンを振ると予測し、リカルドがオーバーテイクする為に

背後から横に出る前に、マックスは少しアウトにマシンを振りました!

それを見たリカルドは、イン側が一車身空くと予測し、アウトにマシンを振る素振りを見せた後に

思い切ってインに飛び込もうを不意打ちを狙って一気にマシンをマックスのイン側にねじ込もうとしたのです!

しかし、マックスはそのリカルドの動きを見ていた為、本来であればブロックをする際

2度の進路変更は禁止されているのにも関わらず、再びイン側を閉める動きをし、ブロックをしたのです!

イン側を完全にブロックした時にはもう、ブレーキングポイントに達していて、インを閉められたリカルドは

慌ててブレーキングするものの、タイヤがロックしてしまい止まり切れず、追突してしまいリタイヤと

なってしまいました!

ルール上では、2度の進路変更はNGですし、2度も動いたあげく、イン側を一車身すら残さなかった

マックスに非があるのはもちろんのことですが

リカルドにも落ち度があり、マックスが2度の進路変更をしなかったとしても、イン側は一車身しか

空いていなった!それなのに、無理くりインにマシンをねじ込もうとしたリカルドは

接触を誘発する動きであり、容易にクラッシュすることが想像できるにもかかわらず

その動きをしたのは、いただけないですね!

しかも、相手はチームメイトなんですから!リスクを負い過ぎです!

結局、同士討ちしリタイヤに喫したレッドブル勢はお互いに非があるとし

喧嘩両成敗という形とし、チーム全員、ファクトリーにいる人も含めて

謝罪してこいと言うことになりました!

ファンにとって熱いバトルは大歓迎ですが、チーム内バトルは

チーム首脳陣にとって頭の痛い要素ですね!

もっと、クリーンにバトルしないとね!

さて今回は、ここまで

Twitterもやってますので、気になった方はフォローよろしくお願いいたします!

また、youtubeでF1の動画や情報を発信してますので、良かったら見てみてください!

また、F1関連のネットショップも開業しました!

まだまだ、品数は少ないですが少しずつ増やしていきたいと思いますので

興味がある方は是非立ち寄ってみてください!

F1スポンサーのモンスターエナジー海外版も私のネットショップで

販売しております!

是非、観戦のお供に手に入れてみてはいかがでしょうか?

 

楽天Car車検

Copyright© F1情報ブログ【アイスコラム】 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。