F1に関する最新情報から解説までを発信しているブログです!

F1情報ブログ【アイスコラム】

F1の素晴らしさをもっと身近に広めたい!

F1の素晴らしさをもっと広めるための
活動を計画しています!
興味がある方は是非支援して頂けると幸いです。
みんなでF1を盛り上げていきましょう!
詳細は↓↓
https://camp-fire.jp/projects/view/228291

チェックしてみてね!

F1

アルファロメオF1新車発表2020

更新日:

F1ファンの皆さん、こんにちは!
今回はアルファロメオF1の新車発表について
お話ししたいと思います!

アルファロメオF1 2020年型 【C39
アルファロメオF1 2019年型 【C38】

サイドポットの下に謎のダクトあり!

大きなコンセプトの変更は無く、昨年のマシンをベースに
正統進化させたマシンに仕上がっているのがわかりますね!
今年のトレンドである、バージボード周辺は、他チームと
同じようにフィンの数を増やしてダウンフォースの増加を狙った
デザインになっています!
サイドポット周辺のフィンも大きな変更はないものの
サイドポット下、コックピットの方向に謎のエアダクトが追加
されています!
どのような効果を狙ったものなのか詳しくは分からないですが
冷却性能の向上を狙ったものであることは、間違いないと思われます!
恐らく、コックピット方向に向かった開けられているエアダクトは
PUの下側に流れる様にデザインされていて、ピンポイントで
MGU-Kを冷やす構造になっているのではないかと
推測されます!
このダクトにより、MGU-Kのオーバーヒートを抑えることが可能になり
PUの出力を上げることが可能になるかも知れません!

アファロメオF1 2020年型 【C39】
アルファロメオF1 2019年型 【C38】

フロントウィングのフラップが大きく
下側に折れ曲がるデザインに!

フロントノーズは今年のトレンドになるであろう細いフロントノーズを
採用されています!ただ、メルセデスに比べると少し太めな気がします!
フロントノーズ先端の口の様なダクト、いわゆるレッドブル型のデザインを
昨年から同様に採用しています!
フロントウィングに関しては、他のチームに無いようなデザインを
採用していて、フロントウィングのフラップがへの字に
地面の方向に向かって大きく角度を付けて折れ曲がっていることが
分かります!
これは、他のチームに比べても異質なデザインなので
他のチームに対して優位性を得ることが出来る開発になっているのかは
シーズンが開幕して見ないと分からないですが
フロントの感覚に非常に繊細なキミライコネンにあった
マシン開発に進んでいると良いですね!
もう一度、表彰台に上る姿を見たいものです!

アファロメオF1 2020年型 【C39】
アルファロメオF1 2019年型 【C38】

リアエンドの構造はフィンが増えた程度

リアエンドのデザインを見てみると、昨シーズンよりも
フィン、フラップが増えたものの、大きな変更は
全くありません!
リアのコンセプトはそのままに、フロント側に変更点を多く施した点を
みると、昨年はフロントのグリップ力不足に悩まされていたことが
明らかですね!
特に、キミライコネンというドライバーは
フロントエンドグリップにナーバスなドライバーなので
特に昨シーズン後半はポイント獲得に非常に苦労してました!
その部分をしっかりと改善させ、中団グループのトップを目指し
シーズン通して、何回か表彰台に上がる活躍が見れると良いですね!


さて今回は、ここまで
Twitterもやってますので、気になった方は
フォローよろしくお願いいたします!
また、youtubeでF1の動画や情報を発信してますので、
良かったら見てみてください!
次回も続々と発表される他チームの新車等について
語ろうと思います!




楽天Car車検
  • Google+
  • -F1

Copyright© F1情報ブログ【アイスコラム】 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。